Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

口座情報含む資料をファックスで誤送信 - JA高知県

高知県農業協同組合は、個人情報が記載された内部資料を誤った宛先へファックス送信したことを明らかにした。

同組合によれば、11月11日、組合内で内部資料を受け渡すためファックスを利用したが、誤った番号に送付したもの。誤送信した資料には15人分の氏名、電話番号、顧客番号、口座番号、貯金残高、貯金種類などが記載されていた。

誤送信先からの連絡があり判明。誤送信先を訪問して謝罪したうえ、誤送信したファックスを回収した。

(Security NEXT - 2019/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

同報メールの件名にメアドを記載、委託先で - 愛知県
新型コロ関係事業の案内メールで誤送信 - 大阪府
ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
メール送信ミスで研究協力者のメアド流出 - 東大
2度にわたりメール誤送信、メアド流出 - 日の丸自動車学校
委託先でメール送信ミス、メアド流出 - 山口県
営業再開の案内メールで送信ミス - 静岡のリゾートホテル
顧客向けメールで「CC」利用するミス - ネクスト・モビリティ
戸塚区の施設でメール誤送信、団体のメアド流出 - 横浜市
学修支援システムで他学生氏名が閲覧可能に - 阪大