Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

口座情報含む資料をファックスで誤送信 - JA高知県

高知県農業協同組合は、個人情報が記載された内部資料を誤った宛先へファックス送信したことを明らかにした。

同組合によれば、11月11日、組合内で内部資料を受け渡すためファックスを利用したが、誤った番号に送付したもの。誤送信した資料には15人分の氏名、電話番号、顧客番号、口座番号、貯金残高、貯金種類などが記載されていた。

誤送信先からの連絡があり判明。誤送信先を訪問して謝罪したうえ、誤送信したファックスを回収した。

(Security NEXT - 2019/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 現代ギター社
学会費納入依頼メールで送信ミス - 日本植物学会
ふるさと納税者への案内メールで誤送信、メアド流出 - 佐賀市
ふるさと納税者宛メールに個人情報を誤って添付 - 松山市
顧客宛てメールでメアド流出、システムエラーで - ヘッドホンメーカー
実証実験参加者へのアンケートメールを誤送信 - 静岡鉄道
水防警報でメアド流出、運用方法見直しを検討 - 新潟県
案内メール誤送信で関係者のメアド流出 - 東京都
資格情報サイトの顧客DBにランサム攻撃 - 情報流出の可能性
NTT西で「Emotet」感染、なりすましメールが送信