Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサーバにマルウェア、攻撃の踏み台に - JP共済生協

日本郵政グループ労働者共済生活協同組合(JP共済生協)は、同社ウェブサイト内にマルウェアが設置されていたことを明らかにした。

11月に確認された気象庁を装う「なりすましメール」において、同組合が利用するウェブサーバがマルウェアをホストするために悪用されたもの。

同組合では同問題を受けて、11月7日16時ごろにウェブサイトを閉鎖。外部事業者による調査を進めていた。

同社は、不正アクセスを受けた原因について、ブルートフォース攻撃などによりパスワードが破られてファイル転送用のアカウントがログインを許し、問題のファイルがアップロードされたと説明。

同組合では、セキュリティ環境を整備したあらたなサーバへ移行し、ウェブサイトを再開した。組合員の個人情報は異なる環境で管理しており、外部への流出については否定している。

(Security NEXT - 2019/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

象印通販サイトで情報流出 - 情報盗む改ざん決済画面への誘導メールも
不正アクセスでクレカ情報流出のおそれ - モーターマガジン社
メルアカ乗っ取りで取引先情報流出の可能性 - RIZAP
端末1台にマルウェア、情報流出の可能性 - 農産加工品販売業者
ミリ衣料通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
カードゲーム通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用された可能性 - スポーツ用品通販
アーティストグッズ通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面へ誘導
RIZAPのメールアカウントが乗っ取り被害
家具通販サイトでクレカ情報流出 - 不正利用も