Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差

実際にデータ侵害が生じた際の行動については、各国同様の傾向にあり、「アカウントのパスワードを変更した」が最多。

「新しいクレジットカードを申し込んだ」「信用機関にカード利用情報開示を請求した」と続く。

ただし、日本はいずれの項目も他国より低い傾向が見られた。「アカウントのパスワードを変更した」は50%を超えるも、あとは3割ほどだった。また13%は「何もしなかった」と回答している。

20191108_wr_001.jpg
データが侵害された際に取る行動(グラフ:ウェブルート)

(Security NEXT - 2019/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生活で約6割が「個人情報漏洩」に不安 - ネット調査
個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導
クラウド上の機密データ、暗号化している組織は約半数
「リクナビ」問題で個人情報保護委員会に報告書 - 学生向け説明ページも
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく
半数が「スマホ決済」の不正利用に不安 - ネガティブイメージ先行
公取委、「デジタルプラットフォーマー」の個人情報取得で指針案 - パブコメ実施
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説
個情委、内定辞退率予測でリクナビに是正勧告