Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差

実際にデータ侵害が生じた際の行動については、各国同様の傾向にあり、「アカウントのパスワードを変更した」が最多。

「新しいクレジットカードを申し込んだ」「信用機関にカード利用情報開示を請求した」と続く。

ただし、日本はいずれの項目も他国より低い傾向が見られた。「アカウントのパスワードを変更した」は50%を超えるも、あとは3割ほどだった。また13%は「何もしなかった」と回答している。

20191108_wr_001.jpg
データが侵害された際に取る行動(グラフ:ウェブルート)

(Security NEXT - 2019/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「NISTプライバシーフレームワーク」の翻訳を無料で提供
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
「ハローページ」が終了、個人情報保護への意識高まりなど影響
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
コロナ対応医療機関における個人情報の取り扱いで考え方 - 個情委
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
情報銀行へのデータ提供、7割超が位置情報NG - 「規約すべて読み同意」8%
新型コロナ対策での個人データ活用、例外規定適用に言及 - 個情委
新ビジネスモデルを個人情報保護の観点から相談できる窓口