Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BIGLOBE利用者狙うフィッシングに注意 - ログインページを偽装

インターネットサービス「BIGLOBE」を装ったフィッシングサイトが確認された。同サービスを提供するビッグローブでは注意を呼びかけている。

問題のフィッシングサイトは、「BIGLOBEメール」のログインページを偽装。「メールアドレス」あるいは「ユーザーID」と「パスワード」を入力させようとしていた。

アカウント情報を詐取されると、メールを送受信されるなどサービスを不正に利用されるおそれがあると同社は指摘。ログインページが正規のURLであることや、SSL/TLSの証明書が「BIGLOBE」向けに発行されたものであることなどを確認するよう利用者へ求めている。

(Security NEXT - 2019/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Adobe、複数製品向けにアップデートをリリース - 深刻な脆弱性を修正
三菱製シーケンサのCPUユニットにDoS脆弱性
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
「Cisco PI」「Cisco EPNM」の「REST API」に深刻な脆弱性
CMSの「Movable Type」にオープンリダイレクトの脆弱性
「VMware Workstation」などに複数脆弱性を解消するアップデート
MS月例更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃も
トレンド複数製品に管理画面回避のおそれ - パッチリリース
NVIDIAのディスプレイドライバに複数脆弱性 - アップデートを提供
「Joomla 3.9.13」がリリース - 脆弱性2件を修正