Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムに感染、データ損害は確認されず - シミックグループ

医薬品の開発支援事業を展開するシミックグループは、サーバがランサムウェアに感染し、システム障害が発生したことを明らかにした。

シミックホールディングスによれば、9月9日未明にサーバがランサムウェアへ感染していることを確認した。

同社は、通常通り稼働しつつ、復旧作業をすすめ、同月17日の時点でほぼ復旧を終えた。週内には復旧作業を完了する見込み。今回のマルウェア感染にともなう情報の外部流出やデータの毀損などは確認されていないという。

メールサーバへのマルウェア感染も確認されておらず、メール経由でランサムウェアが拡散する可能性についても否定している。

同社では、今回の問題を受けてマルウェアの検出強化や、常時監視を実施。セキュリティを強化し、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2019/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年上半期の捜査機関開示要請は1625件、79%に対応 - LINE
Oracle、「Java SE」の最新版をリリース - 脆弱性20件に対処
WP向けグラフ作成プラグインにSQLiなど複数脆弱性
「sudo」に権限設定バイパスのおそれ - rootでコマンド実行可能に
Adobe、「AEM」「Download Manager」に脆弱性 - 定例外パッチ公開
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性68件を修正
Oracle、定例アップデートで219件の脆弱性を修正
「東北文化の日」の旧ドメインを第三者が取得 - マルウェア配布に利用か
イベント告知メール誤送信 - 物質・材料研究機構
ユーザーID含む内部資料を誤ってネット公開 - Ameba