Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と

「LINE」を装うフィッシング攻撃が増加しているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。検知の回避を狙ったと見られる細工も確認されている。

「Amazon」「Apple」「LINE」など、大手ブランドを狙ったフィッシング攻撃は、毎月多数報告されているが、「LINE」に関する報告の増加が目立っているという。

複数の件名や文面を用いて攻撃が展開されている。「LINE緊急問題」「LINEログインネット異常」「LINE 接続できないLINE解決方法」など、少なくとも8種類の件名が確認されている。

メールの本文も複数確認されており、「LINEアカウントに異常ログインされた」などとして不安を煽り、「安全認証」などとして偽サイトへ誘導していた。

(Security NEXT - 2019/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ドコモを装うスミッシング - ID情報や銀行口座情報を多段階に詐取
「MyJCB」かたるフィッシング - カード口座が凍結されたとだまして誘導
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
「顧客満足度調査で1万円」とだますフィッシング - 三井住友銀を偽装
「2万円の払い戻し」などと誘う全日空のフィッシングに注意
「三菱UFJ銀」装う偽メールに注意 - 件名は10種類以上
BIGLOBE利用者狙うフィッシングに注意 - ログインページを偽装
パラチケ抽選の偽当選メールに注意 - 本物はリンク記載なし
三井住友銀装うフィッシングに注意 - 消費増税で「カードや通帳の停止」?
イオンのクレカ利用者狙うフィッシング攻撃 - 不自然な表現も