Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アポ取得の委託先が顧客情報を誤って他社へ報告 - 宮崎のCATV局

宮崎県のケーブルテレビ局であるケーブルメディアワイワイは、委託先が一部顧客情報を、関係ない別の事業者に対する報告データへ誤って混入させていたことを明らかにした。

同社によれば、8月19日、電話によるアポイントの取得を行っている業務委託先において、同社とは無関係である別の委託元への報告データに、同社の顧客情報を誤って混入させたもの。訪問先の氏名や住所、電話番号など708件が含まれていた。

誤って報告を受けた事業者がデータの誤りに気づき、データを削除。データの不正利用などは確認されていないという。

同社では、認定個人情報保護団体へ報告。再発を防止するよう委託先に教育の徹底を求めるとともに、委託先管理体制の見直しを実施するとしている。

(Security NEXT - 2019/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報含む委託先PCに外部から不正な遠隔操作 - 荏原製作所
氏名と住所が一致しないアンケートを誤送付 - 大阪市
高齢者施設関係者が個人情報を政治利用 - 小金井市
神奈川県HDD問題の情報提供者、復元データを物理破壊
顧客情報含む通知書が輸送会社で所在不明に - 北洋銀
売却されたハードディスク18台を回収 - 神奈川県
患者情報が路上に飛散、廃棄処理委託先で - 鹿大病院
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク
洋菓子通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
リース返却後の内部情報入りHDDがオークションに - 神奈川県