Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「お宅の口座情報を早急に更新してください」 - 「偽Apple」メールが流通

Appleを装い、登録情報の更新が必要などとして偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が確認された。一部漢字表記が中国語の簡体字により記載されていた。

フィッシング対策協議会によれば、問題のフィッシングメールは、「Appleサービスセンター」を装い、送信されているもの。「お宅の口座情報を早急に更新してください。」という件名で流通している。

メールの本文では、「アカウントで異常な登録が発生したため、アカウント情報の更新が完了するまでアカウントをロックする」などと説明。さらに3営業日以内に口座情報を更新しないと、停止するなどと不安を煽り、本文内のリンクへアクセスさせようとしていた。

本文は一見日本語に見えるが、一部漢字表記が中国語の簡体字となっている。メール内のリンクをクリックすると、正規サイトを偽装したフィッシングサイトへ転送され、Apple IDやパスワードなどの入力を求めていた。

8月20日の時点でサイトの稼働が確認されており、サイトの閉鎖へ向けて同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターに調査を依頼。類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トヨタ紡織の欧州子会社で最大40億円の詐欺被害 - 虚偽の入金指示で
LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と
「キャリア決済」狙うスミッシング - 2段階認証設定でも被害が
「Officeプロダクトキーが異常な状態」とだます偽MS - 「修復作業」の演出も
日本郵便の不在通知装うスミッシング再び - iPhoneもターゲット
「地下鉄カードの現金返還キャンペーン」装うフィッシング - 情報詐取やマルウェア感染狙う
「セキュリティ審査」とだます偽Amazonに注意
メルカリで「規約違反」と不安煽るフィッシング攻撃 - 本文が「ラクマ」のケースも
ドコモを装うスミッシング - 「高額料金発生」と不安煽る
「MyJCB」装うフィッシング - 「不正行為の防止」などとだまして偽サイトへ誘導