Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox」にマスターパスワード認証が回避されるおそれ - アップデートを実施

Mozilla Foundationは、パスワード管理に明らかとなった脆弱性に対処したブラウザの最新版「Firefox 68.0.2」をリリースした。

開発チームによると、マスターパスワードを設定している場合も、コンテクストメニューよりマスターパスワードを入力することなく、パスワードのコピーが可能である脆弱性「CVE-2019-11733」が明らかとなったという。重要度は、「中(Moderate)」とレーティングしている。

今回の問題を受けて、脆弱性を修正した「同68.0.2」をリリース。あわせて「同ESR 68.0.2」を提供している。

(Security NEXT - 2019/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性68件を修正
「Java SE」の最新版がリリース - 脆弱性20件に対処
Oracle、定例アップデートで219件の脆弱性を修正
「Cisco Aironet」シリーズに複数の脆弱性 - 設定変更やDoSのおそれ
VMwareの「Harbor Container Registry for PCF」に深刻な脆弱性
WP向けグラフ作成プラグインにSQLiなど複数脆弱性
「sudo」に権限設定バイパスのおそれ - rootでコマンド実行可能に
Adobe、「AEM」「Download Manager」に脆弱性 - 定例外パッチ公開
「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」の定例外更新 - まもなく公開予定