Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ決済の利用率は27%、「LINE Pay」がトップ

スマートフォンを使ったキャッシュレス決済サービスの利用率は3割弱で、1年前の約1.7倍に拡大したとの調査結果をジャストシステムが取りまとめた。

同社ネットリサーチサービスを通じてアンケート調査を実施したもの。6月24日から29日にかけて実施し、17歳から69歳の男女1100人のモニターが回答した。

現金以外の支払い方法でもっとも多かったのは「クレジットカード」で81.6%。「カード型電子マネー(49.7%)」「商品券、ギフト券(32.7%)」だった。一方、「スマホ決済」の利用率は27.4%で、前年調査時の16.3%から約1.7倍となった。

スマホ決済の利用率を見ると、1位は「LINE Pay」で41.2%。次いで「PayPay」が38.8%、「楽天ペイ」と「楽天Edy」がともに30.6%だった。

女性は「LINE Pay」の利用率が50.4%と高い傾向が見られ、男性は「PayPay」が38.4%ともっとも高かったという。

20190722_js_001.jpg
利用しているスマートフォンの決済機能(グラフ:ジャストシステム)

(Security NEXT - 2019/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

7月のフィッシングURL、前月比約1.5倍に - 初の2000件超
フィッシングサイトの検知が急増 - 大手キャッシュレス決済をかたるケースも
8割強が「QRコード決済」を認知 - 利用中は15.6%
2018年のフィッシング報告は約2万件 - 前年比約2倍に
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
ICクレカ保有者は71.8% - 非対応店舗に否定的な印象も