Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客宛てメールに顧客情報ファイルを誤添付 - リゾートトラスト

リゾートトラストは、同社の会員制リゾートホテルであるエクシブ鳴門の従業員が、顧客情報含むファイルを誤ってメールに添付して送信したことを公表した。

同社によれば、7月18日10時過ぎ、顧客464人に対し送信したメールに顧客情報含むファイルを誤って添付したもの。問題のファイルには、顧客895人の氏名または法人名、メールアドレス、会員番号、ファックス番号、会員権の種類などが含まれていた。

受信した顧客からの指摘で判明。同日中に、添付ファイルのダウンロードができないよう対応したという。

同社では、個人情報が流出した顧客に対し謝罪するとともに、誤送信先に連絡してファイルの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2019/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」感染でなりすましメール送信 - 岐阜新聞社
登録団体関係者の個人情報を誤送信 - 横浜市
ふるさと納税者宛メールに個人情報を誤って添付 - 松山市
生徒や保護者の個人情報含むファイルを誤掲載 - 滋賀県日野町
NTT西で「Emotet」感染、なりすましメールが送信
メルアカ乗っ取りで取引先情報流出の可能性 - RIZAP
委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック
患者の個人情報含むファイルを誤送信 - 富山大病院
端末1台にマルウェア、情報流出の可能性 - 農産加工品販売業者
児童の個人情報含む資料を誤って送信 - 新潟県