Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無償調査ツールにメモリ検査機能 - ファイルレス攻撃の判定に対応

ラックは、端末のメモリに展開されたデータを検査し、マルウェアを検知する新機能を同社の無料調査ツール「FalconNest」に追加した。

「FalconNest」は、マルウェアの痕跡や不審なファイルを判定する無償の調査ツール。2018年11月よりクラウドで公開している。

従来より、ログやファイルの調査ツールを提供してきたが、ハードディスク内にファイルをのこさない「ファイルレスマルウェア」などが悪用されていることから、あらたに新機能「Phantom Seeker」を追加した。

同機能では、端末のメインメモリに展開されたプログラムとデータを調査。マルウェアの感染状況や、フォレンジック調査の必要性について判定できる。

利用者から提供されたデータや分析結果は、匿名化し、統計情報や脅威情報として活用。それ以外の目的では利用しないとしている。

(Security NEXT - 2019/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
JPCERT/CC、「Emotet」感染チェックツール「EmoCheck」を公開
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ