Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内初となる「情報銀行」の「P認定」 - 三井住友信託銀など2社

三井住友信託銀行およびフェリカポケットマーケティングの2社は、日本IT団体連盟より国内最初となる「情報銀行」の「P認定」を受けた。

同団体では、総務省と経済産業省の検討会が策定した「情報信託機能の認定に係る指針 ver1.0」を踏まえ、2018年12月より情報銀行の認定に関する申請を受け付けている。

同団体は、今回2社に対し、計画や運営、実行体制が認定基準に適合しているとして、「情報銀行」の認定における「P認定」を付与した。

「情報銀行」認定マークは、「同指針」を踏まえて同団体が策定。国際水準「ISO/IEC 29100(JIS X 9250)」のプライバシー保護対策やセキュリティ対策に関する認定基準に適合しているサービスに付与するもの。

(Security NEXT - 2019/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10社が参加、情報銀行の実証実験を開始
情報銀行向けプラットフォームで実証実験 - NTTデータ
中部電とDNP、「地域型情報銀行」の実証事業を開始
日立ら、情報銀行に向けて実証実験 - 従業員200人のデータ活用
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
富士通ら9社、情報銀行の実証実験 - パーソナルデータの対価に「FUJITSUコイン」