Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

就業支援事業の求職者向けメールで誤送信 - 大阪府

大阪府は、委託事業者においてメールの送信ミスが発生し、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同府によれば、7月1日18時半ごろ、就業支援事業「OSAKAしごとフィールド」の求職者に対し、委託事業者が送信したアンケートメールにおいて送信ミスがあったもの。

送信先を誤って「CC」に設定したため、36人のメールアドレスが受信者間で確認できる状態となった。

送信から2時間後にミスに気づき、翌2日に同府へ報告。委託事業者では同府の指示を受け、対象となる求職者にメールと電話で連絡を取っており、連絡が取れた関係者に対して謝罪、メールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2019/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント案内メール誤送信、企業のメアド流出 - 新潟県
指摘メールを削除、誤送信を隠ぺいした職員を懲戒処分 - 川崎市
協議会関係者のメアド流出、誤送信で - 宇治市
オーディション応募者へのメールで誤送信、メアド流出 - 松竹芸能
メール誤送信で企業担当者のメアド流出 - 大阪府
一斉送信メールにイベント参加者の個人情報 - 愛知県
顧客向けメール誤送信でメアド流出 - スマホケース製作会社
図書館からボランティアへのメールで誤送信 - 鎌倉市
委託先がメール誤送信、調査で別のミスも - 新潟県
府内市町村への制度案内メールに誤って職員人事関連情報 - 大阪府