Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

熊本ワインの通販サイトで決済画面改ざん - クレカなど顧客情報流出の可能性

熊本ワインが運営するオンラインショップが不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、「熊本ワインショッピングサイト」が脆弱性を突かれ、不正アクセスを受けたもの。

決済情報の入力画面が改ざんされて外部サイトが表示され、購入者が入力したクレジットカード情報が詐取された可能性があることが、1月22日に判明した。

流出の可能性があるのは、2018年12月5日から2019年1月30日までに同サイトでカード決済を利用した顧客最大444件のカード情報。カード会員の氏名と住所、カード番号、有効期限、セキュリティコードなどが含まれる。

(Security NEXT - 2019/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バイク用品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が被害
人材派遣会社に不正アクセス - 情報流出の有無など調査中
教員メルアカ、スパム送信の踏み台に、メールの不正閲覧も - お茶の水女子大
石井スポーツ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
フォトブックサービスに不正アクセス - クレカ情報約1.5万件が流出か
学生メルアカが乗っ取られスパム送信、情報流出の可能性も - 東北工業大
感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター
旧通販サイトでクレカ情報流出、原因は「Heartbleed」 - スイーツ通販サイト
イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証
女性ファッション通販サイトに不正アクセス - 停止後に被害が判明