Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

熊本ワインの通販サイトで決済画面改ざん - クレカなど顧客情報流出の可能性

熊本ワインが運営するオンラインショップが不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、「熊本ワインショッピングサイト」が脆弱性を突かれ、不正アクセスを受けたもの。

決済情報の入力画面が改ざんされて外部サイトが表示され、購入者が入力したクレジットカード情報が詐取された可能性があることが、1月22日に判明した。

流出の可能性があるのは、2018年12月5日から2019年1月30日までに同サイトでカード決済を利用した顧客最大444件のカード情報。カード会員の氏名と住所、カード番号、有効期限、セキュリティコードなどが含まれる。

(Security NEXT - 2019/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
レジ用品通販サイトに不正アクセス、顧客のメアドが流出
三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も