Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSIの暗号化ソフト、ストレージソフト「Proself 」と連携

アルプスシステムインテグレーションは、ファイル自動暗号化ソフト「InterSafe FileProtection」と、ノースグリッドのオンラインストレージソフトウェア「Proself Gateway Edition」の連携ソリューションを提供開始した。

「InterSafe FileProtection」は、ファイルの自動暗号化とアクセス管理を実現するソフト。組織内にオンラインストレージが構築できる「Proself Gateway Edition」との連携に対応したもの。

アップロードしたファイルを自動で暗号化し、アクセス権限を付与し、ダウンロード後も暗号化およびアクセス権限が維持できる。

(Security NEXT - 2019/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
研修申込者の個人情報が閲覧可能に - 神奈川県理学療法士会
ブラウザ「Kinza」にXSS脆弱性 - 更新がリリース
アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府
都内で「制御システムセキュリティカンファレンス」を開催
OpenSSLに重要度「低」の脆弱性 - 更新用意なし
自治体向けIaaSサービス「Jip-Base」、復旧目処立たず
実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始
あらたに2医療機関の情報持出を公表、あわせて約1700人分に - インテック
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能