Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「NTTグループカード」の利用者狙うフィッシング攻撃 - 不正ログイン被害の警告を偽装

NTTファイナンスが提供するクレジットカード「NTTグループカード」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認された。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

同協議会によれば、「緊急のご連絡」のいった件名のフィッシングメールが出回っているもの。本文では「会員専用サービスのアカウントが第三者によって不正にログインされた可能性が高い」と説明。対処が必要などとして偽サイトに誘導していた。

誘導先のフィッシングサイトは、会員向け正規サイト「MyLink」にある登録ページのデザインを盗用して作成したものと見られ、個人情報を入力させようと試みる。

クレジットカードの番号、暗証番号、生年月日、会員向けサイトのパスワード、メールアドレスのほか、正規サイトのデザインには存在しないセキュリティコードの入力欄が追加されていた。一方、正規サイトと同じく、クレジットカードの有効期限を尋ねる記入欄は用意されていない。

(Security NEXT - 2019/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東京五輪のチケット抽選に便乗する攻撃に注意 - 「良い席譲る」にも注意を
偽NTTドコモのSMSに注意 - 公式と同じスレッドに表示される可能性も
「偽楽天」からフィッシングメールに注意 - 不正ログインされたと不安煽る
東京五輪の類似ドメインが約1000件 - 正規サイトか慎重に確認を
「本人認証サービス開始」などとだますフィッシング - ゆうちょ銀を偽装
「MUFGカード」利用者狙うフィッシング - 11ドメインで展開
「気軽さ」と「不安」で誘導するフィッシング攻撃
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
職員にフィッシング攻撃、個人情報流出の可能性 - NHK