Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も

政府は、サイバーセキュリティ戦略本部の第22回会合を開き、「サイバーセキュリティ2019」などを決定した。

今回の会合では、政府の年次計画となる「サイバーセキュリティ2019」を決定。2018年度の情勢や各府庁における施策の実施状況を踏まえた上で、2019年度の具体的な施策を取りまとめた。

重要インフラ事業者がセキュリティ対策に取り組む際、参照すべきガイドラインとなる「重要インフラにおける情報セキュリティ確保に係る安全基準等策定指針」の第5版を策定した。

さらに2020年度の概算要求に向けたサイバーセキュリティ関係施策に関する予算重点化の方針や、官民データ活用推進基本計画の変更案作成にあたっての、サイバーセキュリティ戦略本部の意見を決定している。

また、東京オリンピック、パラリンピックに向けたサイバーセキュリティの取り組み状況をはじめ、セキュリティ分野における研究や技術開発の取り組み方針、サイバーセキュリティ月間に実施した普及啓発の実施状況など報告が行われた。

20190523_ni_001.jpg
「サイバーセキュリティ2019」の目次の一部

(Security NEXT - 2019/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロナ対策での個人データ活用、例外規定適用に言及 - 個情委
個人情報保護法改正案が閣議決定 - 不適正利用を禁止
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
政府、医療情報システムの安全管理GL案を策定 - 意見を募集
新型コロナ影響で特別イベントの開催を中止 - NISC
4月開催「Interop Tokyo 2020」が中止に - コロナ状況の見通し立たず
電子署名や認証業務の法律施行規則改正でパブコメ
「個人データを情報銀行へ預けてもよい」55% - 情報漏洩や悪用に懸念も
ドイツ政府が懸念する産業用制御システムの10大脅威とは