Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ

Intelのプロセッサにおいて、情報漏洩が生じる「マイクロアーキテクチャデータサンプリング(MDS)」の脆弱性が明らかとなったことを受け、OSベンダーからも注意喚起が行われている。

問題の脆弱性は、サイドチャネル攻撃により、プロセッサの投機的実行において情報漏洩が生じるおそれがあるもので、4件の脆弱性「CVE-2018-12126」「CVE-2018-12130」「CVE-2018-12127」「CVE-2019-11091」があらたに判明した。

脆弱性の悪用はローカル環境に限定されるものの、複数の仮想マシンをホストしている環境では、無関係の仮想マシン間で不正にデータを取得される可能性がある。5月14日の時点で悪用の報告はない。

脆弱性の判明を受け、マイクロソフトでは5月の月例セキュリティ更新のリリースにあわせ、アドバイザリを公開した。

(Security NEXT - 2019/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
「Cisco ESC」に深刻な脆弱性 - 管理者権限で操作されるおそれ