Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増

ウェブサイト関連の脆弱性を内容別に見ると、「クロスサイトスクリプティング」が41件、「SQLインジェクション」が3件だった。

累計では「クロスサイトスクリプティング」が55%を占め、次いで「DNS情報の設定不備」が14%となっている。

同四半期に修正を完了したウェブサイトの脆弱性は27件で、そのうち85%にあたる23件が、90日以内に修正が完了した。

修正が完了した脆弱性の累計は7373件。そのうち90日以内に修正が完了した累計件数は4821件全体に占める割合は65%となっている。

(Security NEXT - 2019/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に