Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金

徳島信用金庫は、顧客情報が記載された領収書や納入書などを紛失したことを明らかにした。

同金庫によれば、2月14日、本店営業部において文書の保存箱1箱の紛失が判明したもの。紛失した書類は、公共料金の収納領収書や自治体の納入書など1万4158件で、氏名や住所、納付金額、顧客番号や通知番号などが含まれる。

同金庫では、不要書類を廃棄した際に誤って一緒に廃棄した可能性が高いと説明。外部からの問い合わせや、不正使用の報告なども確認されていないという。

紛失した書類に関する納付手続きはすべて完了しており、納付への影響はないとしている。

(Security NEXT - 2019/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NECとシスコ、重要インフラ向け機器に真正性のチェック機能
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
Dell TechnologiesがRSAを投資ファンドなどへ売却
マルウェア「LODEINFO」を検知 - JPCERT/CCが解析情報を公開
TMI P&S、セキュリティ対応サービスで2社と協業
ウェブルート、川柳コンテストの入賞作品を発表
SSL可視化製品の市場規模は8.1億円 - 前年度比26.6%増
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
複数の脆弱性に対処した「PHP」のアップデートが公開