Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催

東京大学の公認サークルである東京大学理論科学グループ(TSG)とFlattは、セキュリティの知識を競うコンテスト「TSG CTF」を5月に開催する。

同サークルは、設立より60年を迎えた東京大学のコンピュータ系サークル。国内最大のセキュリティ競技会である「SECCON CTF 2018」の優勝チームメンバーも所属している。

今回オンラインによるクイズ形式のCTFを開催するもので、TSGが問題の作成、運営を行い、Flattが賞金やサイトを提供する。

競技日時は、日本時間5月4日16時から翌5日16時までで、近く登録募集がスタートする予定。詳細は同イベントのページから。

同グループでは、いわゆる刑法の「ウイルス罪」の容疑で摘発される事件が相次いでいることから、CTFの開催についても議論があったと説明。いずれの摘発も「情報セキュリティに対する理解の欠如が根本原因」と結論付け、セキュリティの啓蒙活動の一環として今回の開催を決定したとしている。

(Security NEXT - 2019/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
社長との採用面接かけたCTF「即!西本」 - ラック
「SECCON CTF 2018」東大学生チームが優勝 - 日本チームが上位独占
アキバで「SECCON 2018」が開催中 - 親子で楽しめるコンテンツも
「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
Zaif仮想通貨流出、トランザクション解析で発信元推定へ - 2日間のハッカソンで開発した監視システムで
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
「Apache Struts 2」脆弱性に実証コード - 地下フォーラムでも不穏な動き
SANS「NetWars」による学生向けCTF大会を開催 - NRIセキュア
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」