Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に

特定メーカーのルーターに対する脆弱性攻撃が大量に発生している。一方でウェブアプリケーションフレームワーク「ThinkPHP」を狙った動きも観測されている。

インターネットイニシアティブ(IIJ)が、2月に同社マネージドセキュリティサービスにおいてIPS/IDSで観測した攻撃の状況を取りまとめたもの。

同社によると、脆弱性を狙ったアクセスは、従来と変わらずNetis製やNetcore製ルータの脆弱性を狙う攻撃が中心。前月からさらに25%上昇し、約81%を占めたという。

これら攻撃を除外すると、悪意あるPHPファイルを読み込ませ、実行を試みる脆弱性攻撃がもっとも多く、14.1%にのぼった。次いでサーバ上のパスワードファイルの取得を狙った攻撃が14.0%、脆弱性調査ツール「ZmEu」を用いた調査行為が11.7%と目立つ。

さらに、「WordPress」において「phpmyadmin」を利用するためのプラグインに対する攻撃が8.6%で続いた。

(Security NEXT - 2019/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説
警視庁とソースネクストがサイバー犯罪対応で協定
警視庁、セキュリティ体験イベント開催 - 小嶋真子さん「1日対策本部長」に
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
「No More Ransom」が3周年 - 犯罪収益1.1億ドルを阻止