Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に

特定メーカーのルーターに対する脆弱性攻撃が大量に発生している。一方でウェブアプリケーションフレームワーク「ThinkPHP」を狙った動きも観測されている。

インターネットイニシアティブ(IIJ)が、2月に同社マネージドセキュリティサービスにおいてIPS/IDSで観測した攻撃の状況を取りまとめたもの。

同社によると、脆弱性を狙ったアクセスは、従来と変わらずNetis製やNetcore製ルータの脆弱性を狙う攻撃が中心。前月からさらに25%上昇し、約81%を占めたという。

これら攻撃を除外すると、悪意あるPHPファイルを読み込ませ、実行を試みる脆弱性攻撃がもっとも多く、14.1%にのぼった。次いでサーバ上のパスワードファイルの取得を狙った攻撃が14.0%、脆弱性調査ツール「ZmEu」を用いた調査行為が11.7%と目立つ。

さらに、「WordPress」において「phpmyadmin」を利用するためのプラグインに対する攻撃が8.6%で続いた。

(Security NEXT - 2019/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」
ウェブ経由の検知、「Trojan.JS.Redirector」が半数超 - 改ざん被害の多くでWP利用
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に