Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データベース不要のオープンソースCMSに複数のXSS脆弱性

紀永プロジェクトが開発するデータベースレスのコンテンツマネジメントシステム「KinagaCMS」に脆弱性が含まれていることがわかった。

「同6.5」より以前のバージョンで利用する「Bootstrap」に脆弱性「CVE-2018-14040」「CVE-2018-14041」が存在することが判明したもの。

さらに「Bootstrap」の脆弱性「CVE-2019-8331」に起因するクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2019-5926」が判明した。脆弱性を悪用されると、情報漏洩や改ざんが生じるおそれがある。

同プロジェクトでは、「同6.5」で脆弱性に対応。脆弱性を周知するため、情報処理推進機構(IPA)へ報告し、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。早急にアップデートを実施するよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
「IBM ServeRAID Manager」にRCE脆弱性 - サポートはすでに終了
「Firefox 73」が登場 - 脆弱性6件を修正
MS、月例パッチで脆弱性99件を解消 - ゼロデイ脆弱性も修正
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性17件を解消
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製OSやVoIP製品などに脆弱性「CDPwn」が判明 - 数千万台に影響か
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性 - 更新は11日に公開予定
「Ghostscript」にRCE脆弱性 - 最新版では修正済み