Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックとNEC Asia Pacificが協業 - 中堅中小向け監視サービスを展開

ラックとNEC Asia Pacificは、アジア太平洋地域のサイバーセキュリティ分野で協業する。

それぞれのノウハウや技術などを共有し、アジア太平洋地域におけるサイバーセキュリティソリューションの提供に向けて協業したもの。

今回の協業を通じて両社は、中堅中小企業を対象とした監視サービスを2019年末までに投入する予定。ラックのセキュリティオペレーションセンターや緊急対応のノウハウを自動化し、クラウドを活用することで価格を抑えたサービスを展開したいとしている。

また啓発から技術者の育成まで含めたトレーニングサービスなどもあわせて提供。さらにラックではSOCにおける対処能力の向上などNEC APACを支援していく。

(Security NEXT - 2019/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
脅威ベースのペネトレ支援サービスを開始 - NTTデータ先技
記憶媒体の長期保管サービス - 証拠確保を支援
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU