Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件

「Chrome」の開発チームは、「Windows」「macOS」「Linux」向けに最新版となる「Chrome 73」をリリースした。脆弱性などセキュリティに関する修正も多数実施している。

今回のアップデート「同73.0.3683.75」では、機能強化やバグへの対応のほか、セキュリティに関して60件におよぶ修正を実施した。

同社は、今回のアップデートで修正した主要な脆弱性18件を明らかにしているが、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされた脆弱性はなかった。

重要度が1段階低い「高(High)」とされる脆弱性は6件。解放後のメモリへアクセスする「Use After Free」の脆弱性「CVE-2019-5787」「CVE-2019-5788」「CVE-2019-5789」を修正。

「JavaScript」エンジン「V8」におけるヒープバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2019-5790」や型の取り違え「CVE-2019-5791」などに対処した。

さらに重要度「中(Medium)」とされる脆弱性10件へ対応したほか、「低(Low)」とされる脆弱性2件を修正したことを明らかにしている。

(Security NEXT - 2019/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Lenovo製インフラ管理ソフトに情報漏洩のおそれ
ウェブアプリフレームワーク「Django」に深刻な脆弱性
「Apache Dubbo」にRCE脆弱性 - 2019年12月の更新で修正済み
ネットワークカメラ向けアプリに認証不備の脆弱性
一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
「IBM ServeRAID Manager」にRCE脆弱性 - サポートはすでに終了
「Firefox 73」が登場 - 脆弱性6件を修正
MS、月例パッチで脆弱性99件を解消 - ゼロデイ脆弱性も修正
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性17件を解消