Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約27億レコードのアカウントデータ群、2000万件超が国内からか - 新規データも多数内包

IDやパスワードといったアカウント情報を含む「Collection#1」と呼ばれるファイル群がインターネット上で見つかり、約2002万レコードは国内サイトなどから流出したと見られるデータであることがわかった。

流出アカウントに詳しいセキュリティ専門家のTroy Hunt氏が、「Collection#1」と呼ばれる約26億9281万レコード、ユニークなメールアドレス数としては約7億7290万件を含むファイル群を確認したことを1月に明らかにしているが、同ファイル群が国内に及ぼす影響についてソリトンシステムズが調査し、結果を取りまとめたもの。

これらデータは1万2400超のファイルで構成。末尾に「.jp」を含むファイルなど、日本が関連すると見られるレコードを同社が調べたところ、全体の0.7%にあたる約2002万レコードを確認した。

同社はこれまでも流出ファイルについて調査を行っているが、約2002万レコードに含まれる約803万件のアカウント情報は、今回あらたに確認されたものだという。

国内42サイトが関連すると見られるが、このうち6サイトは、今回あらたに被害の可能性が浮上した。同社では被害に遭ったと見られるサイトに対して通報し、注意喚起の連絡を行うとしている。

(Security NEXT - 2019/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
Facebook、パスワード数億人分を社内保管 - 外部公開や悪用は確認されず
受験出願者宛のメールで送信ミス、メアド流出 - 国際教養大
ドコモとトレンド、IaaS基盤のIoTデバイス保護で新メニュー
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付開始 - 全国で年100回予定
WP向けソーシャルボタンプラグインにゼロデイ攻撃 - アップデートが緊急公開
「VMware Horizon」に脆弱性 - 内部のドメインやサーバ名など漏洩のおそれ
「PowerDNS」の権威DNSサーバに脆弱性 - 「RESTfulモード」利用時に影響
「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」に新版 - 2年4カ月ぶりの大幅改訂