Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%

優先して着手すべきリスクとして「サイバー攻撃、ウイルス感染」を挙げる国内上場企業は、2割を切ることがわかった。災害や人材不足などに比べるとやや低い数字となっている。

トーマツリスクアドバイザリーが、2018年10月から11月にかけて、国内の上場企業を対象にリスクや危機のマネジメントに関するアンケート調査を郵送により実施したもので、430社が回答した。

国内において優先して着手が必要と考えるリスクとしては、「地震、風水害など災害の発生」がもっとも多く41.9%。前々年と前年調査に続き、3年連続でトップとなった。

前回3番目だった「人材流出、人材獲得の困難により人材不足(28.3%)」が今回は2番目に続き、「法令遵守違反(24.6%)」と順位が入れ替わった。

20190220_dt_001.jpg
優先して着手が必要と思われるリスク(図:トーマツリスクアドバイザリー)

(Security NEXT - 2019/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」に新版 - 2年4カ月ぶりの大幅改訂
経産省、ビルシステムのセキュリティ確保でGL案 - パブコメ実施
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
パブクラのセキュリティ脅威、6割超が「設定ミス」挙げる
カードセキュリティの実行計画2019年版 - 非保持でも対策の必要性言及
セーフティクリティカルなシステムでのLinux活用目指してプロジェクト
中学生の3人に1人、詐欺サイトへの誘導経験 - 8割は親に相談せず
構成員10人以上が6割超、システム停止権限持つ組織は1割強 - CSIRT実態調査
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割