Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ホスティングサービスに不正アクセス、約5000サイトが改ざん - 利用者CMS経由でOS侵害

大塚商会のホスティングサービスが不正アクセスを受け、約5000件にのぼる利用者のウェブサイトに不正なファイルが設置されたことがわかった。すでに問題のファイルは削除されており、情報漏洩なども発生していないという。

不正アクセスを受けたのは、同社が提供している「アルファメール」および「アルファメールダイレクト」のウェブホスティングサービス。

1月19日10時ごろ、一部ホスティングサービスの利用者が導入するコンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」を踏み台として、ウェブサーバが稼働するOSの脆弱性を突いた不正アクセスを受けたという。

ホスティングサービスの基盤となるOSが不正アクセスを受けたことで、同システムの共有ウェブサーバ上で稼働するウェブサイトに被害が波及。あわせて約5000件のウェブサイトに不正なファイルが設置された。

(Security NEXT - 2019/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
委託業務の電話勧誘で録音改ざん、管理者指示で - りらいあ
ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
サイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導 - ロボット開発会社
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起