Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

しょうが関連製品通販サイトに不正アクセス - クレカなど個人情報が流出

しょうが関連製品を取り扱う通信販売サイト「温効生姜オンラインショップ」が不正アクセスを受け、クレジットカード情報含む顧客情報が外部に流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営するサンワ食研によれば、10月3日にクレジットカード会社から決済代行会社を介して情報流出の可能性について指摘を受けたもの。その後の調査でサーバに対する不正アクセスにより、顧客情報が流出した可能性があることが判明したという。

外部へ流出の可能性があるのは、2016年11月14日から2018年10月3日にかけて、同サイトへ会員登録した顧客の会員情報や、クレジットカード決済を利用した顧客に関する最大8928件分の個人情報。クレジットカード情報1142件が含まれる。

不正アクセスを受けた詳しい原因や流出情報の具体的な項目などは明らかにしていない。

同社では対象となる顧客に対し、メールや書面を通じて報告し、明細などを確認するよう注意を喚起する。警察や個人情報保護委員会に対しては11月初旬に報告済みだとしている。

(Security NEXT - 2018/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年の通販サイト不正アクセスを公表 - 磁石専門店
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
NAS管理サービスのテストサーバに不正アクセス - アイ・オー・データ
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出
会員情報約3万件が流出、ダークウェブで流通 - 山と溪谷社
不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出
事務用品通販サイトから個人情報流出 - 最大12万件に影響
Ameba広告システムに不正アクセス - 内部データが公開状態に