Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マーケ支援サービスのクラウド認証キーが盗難被害 - 不正サーバ構築、顧客データも

マーケティングに関するオンラインサービスを提供するベーシックは、同社が利用するクラウドのアカウントが不正アクセスを受けたことを明らかにした。不正なインスタンスが構築されたほか、サービスを利用する組織や、利用組織が取得した顧客情報などが外部に流出した可能性もあるという。

サービスの提供にあたり、同社ではクラウドサービス「AWS(Amazon Web Services)」を利用していたが、同サービスへアクセスするための認証キーが第三者によって取得され、9月26日より不正アクセスを受けていたことが判明したもの。

同社によると、仮想サーバサービス「Amazon EC2」の同社アカウントにおいて、不審なインスタンスが構築されていることへ12月6日10時半過ぎに気が付いたという。

不正アクセス元はチュニジアで、認証キーを奪われた原因は不明。不正に構築されたインスタンスは、仮想通貨「Ethereum」のマイニングを目的としており、サーバの使用料として約110ドル相当の被害が発生していた。

(Security NEXT - 2018/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

熊本ワインの通販サイトで決済画面改ざん - クレカなど顧客情報流出の可能性
イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証
女性ファッション通販サイトに不正アクセス - 停止後に被害が判明
外部サイトで流出アカウント情報を確認 - 医学系出版社
アクセ通販サイトに不正アクセス - クレカや顧客DBが流出か
ホビーショップでクレカ情報流出 - 委託先のログ削除で被害範囲特定できず
医師を偽装した不正メールの特徴を公開、注意を喚起 - 東京都保健医療公社
もみじまんじゅう老舗店に不正アクセス - 偽画面でクレカ情報詐取被害
登録者の個人情報77万件が流出 - 「アンとケイト」
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター