Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条

情報処理推進機構(IPA)は、安全なウェブサイトの運用に求められるセキュリティ対策のチェックポイント20カ条を公開し、適切な対策を講じるよう注意を呼びかけている。

ウェブサイトにおける脆弱性や管理の不備が突かれ、情報流出や改ざんされる被害が多発しているとして、対策を求めたもの。

被害を防ぐセキュリティ対策のポイントを同機構がまとめ、「ウェブアプリケーション」「ウェブサーバ」「ネットワーク」などの観点から定期的に確認すべき対策などを解説している。

「ウェブアプリケーション」に関しては、通信内容の暗号化や脆弱性対策をはじめ、不要なファイルの削除、ログの定期的な確認、不正ログイン対策などを紹介。

(Security NEXT - 2018/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
IPAと経産省、セキュリティに関する交流イベント
アキバで「SECCON 2018」が開催中 - 親子で楽しめるコンテンツも
構成員10人以上が6割超、システム停止権限持つ組織は1割強 - CSIRT実態調査
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
セキュキャン修了生イベント、成果発表やMVPを募集
ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始
若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定
「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
安全以前に「安さ」へ目が行くホリデーシーズン