Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条

情報処理推進機構(IPA)は、安全なウェブサイトの運用に求められるセキュリティ対策のチェックポイント20カ条を公開し、適切な対策を講じるよう注意を呼びかけている。

ウェブサイトにおける脆弱性や管理の不備が突かれ、情報流出や改ざんされる被害が多発しているとして、対策を求めたもの。

被害を防ぐセキュリティ対策のポイントを同機構がまとめ、「ウェブアプリケーション」「ウェブサーバ」「ネットワーク」などの観点から定期的に確認すべき対策などを解説している。

「ウェブアプリケーション」に関しては、通信内容の暗号化や脆弱性対策をはじめ、不要なファイルの削除、ログの定期的な確認、不正ログイン対策などを紹介。

(Security NEXT - 2018/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

要件定義のノウハウまとめたIPA資料に改訂版 - 成功事例も
「Security Days Fall 2019」を開催 - 100超の講演を予定
個情委、内定辞退率予測でリクナビに是正勧告
イー・ガーディアン、グレスアベイルを子会社化 - 取締役に徳丸氏
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
「情報セキュリティ白書2019」を発行 - 無料のPDF版も
ダークウェブの情報収集を産官学で共同研究 - 神奈川県警ら
初心者向けに脆弱性調査と報告方法を学ぶ勉強会 - IPA
2019年2Qの脆弱性届出は499件、ウェブサイト関連が6倍に
IPA、制御システムのリスク分析でセミナー開催