Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング

12月19日にソフトバンクグループ傘下で携帯電話サービスを展開するソフトバンクが新規上場を控えているが、IPOに便乗し、個人情報を収集するフィッシングサイトが確認されている。

今回のIPOは、国内において過去最大規模となる見込みで、上場に向けてテレビCMなども展開されている。一方で注目度の高さに便乗し、同社株の購入申し込みサイトに見せかけ、投資家より個人情報をだまし取るフィッシング攻撃が発生している。

注意喚起を行った同社やソフトバンクグループが紹介した事例は、米国在住者を対象としたフィッシングサイト。「プレIPO」などと称し、氏名やメールアドレス、住所、電話番号などをだまし取ろうとしていた。

今回の上場では、11月末に仮条件が決定。国内では目論見書に記載された国内引受証券会社を通じて12月3日よりブックビルディングが実施される予定となっている。

両社が購入の申し込みを直接受け付けることはなく、海外での販売においても、ウェブサイトによる事前登録や勧誘は行っていないと説明。フィッシングサイトに氏名やメールアドレスなどの個人情報を送信しないよう注意を呼びかけている。

20181119_sb_001.jpg
フィッシングサイトの事例(画像:ソフトバンク)

(Security NEXT - 2018/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
職員にフィッシング攻撃、個人情報流出の可能性 - NHK
各務原市の音楽フェスサイトが改ざん被害 - 不正サイトに誘導
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
偽メルカリに注意 - 4月23日の「振込申請ルール変更」に便乗
フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析