Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か

工場で稼働する金属加工用の産業用制御機器において、機器の出荷時よりマルウェアが混入していた事例が報告された。

2018年第3四半期にサイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)が、参加組織より情報提供を受け、報告を取りまとめたもの。同団体には、サイバー攻撃に関する情報共有を目的に11業界238組織が参加している。

マルウェア感染の事例が報告されたのは、銅版を加工する産業用の制御機器。2016年上旬より工場で稼働していたが、2018年8月にIDSを導入したところ、不審なDNSクエリを検知したことで問題が発覚したという。

機器のメーカーが調査を行ったところ、組み込み機器向けOS「Windows Embedded」にオンラインバンキングの情報窃取などを行うマルウェアが感染していた。機器の開発期間中にメーカーで感染した可能性が高いと見られている。

(Security NEXT - 2018/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
「7pay」不正利用被害、1574人3240万円を認定
FAX番号誤記載で個人情報が第三者へ - 群馬県の技専
当選賞品を宛名と異なる住所へ送付 - 九州電力
テスト用メルアカに不正アクセス - 小松島市
3割がフェイクニュースに騙された経験 - 「見破る自信がない」7割
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS