Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 63」がリリース、トラッキング対策強化 - 複数の深刻な脆弱性にも対処

Mozilla Foundationは、最新版となる「Firefox 63」をリリースし、機能の強化にくわえ、深刻な脆弱性へ対処した。あわせて「Firefox ESR 60.3」をリリースしている。

20181024_mo_001.jpg
「Firefox 63」をリリースしたMozilla

今回のアップデートでは、新エンジンの採用によるパフォーマンスの向上や使用するメモリの削減にくわえ、「Cookie」や「他サイトデータ」に対する第三者の追跡をブロックする「Cookie」のあらたなポリシーを導入。トラッカーとして分類されたドメインに対し、ストレージアクセスをブロックするという。

同機能の導入は、8月にアナウンスしていたもので、サイト間の追跡を防止する機能を提供することでプライバシー保護を強化。今回はプロトタイプとしての導入で「Firefox 65」では全利用者に対し、デフォルトで適用することを目指している。

また今回のアップデートではCVEベースで14件の脆弱性に対処。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は2件で、メモリ破壊が生じ、コードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2018-12388」「CVE-2018-12390」へ対処した。

(Security NEXT - 2018/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み