Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性

仮想環境でウェブサイトをレンダリングすることで、実行環境と閲覧環境を分離する「Symantec Web Isolation(WI)」にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が含まれていることがわかった。

同社によれば、「Portal Isolationモード」で利用している場合に、クロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2018-12246」が存在するという。

細工されたURLを開かせることでユーザーのブラウザ上でJavaScriptを実行させることが可能。ただし、レンダリングされたウェブサイトのコピーに対してコードを挿入することはできないとしている。

脆弱性は「同1.11」のみ影響があり、「同1.10」および以前のバージョンは影響を受けない。同社は脆弱性の重要度を「中(Medium)」とレーティング。同社では脆弱性へ対処した「同1.11.21」を提供している。

(Security NEXT - 2018/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 66」がリリース - 脆弱性21件を修正
iOS向けバイト情報アプリ「an」の旧版に脆弱性
CMSの「Joomla」に複数脆弱性、アップデートがリリース
データベース不要のオープンソースCMSに複数のXSS脆弱性
「WordPress 5.1.1」がリリース - XSSの脆弱性など修正
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
「Adobe Digital Editions」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
「Adobe Flash Player」にアップデート - セキュリティ修正は含まず
MS、月例パッチで脆弱性64件を解消 - 2件はゼロデイ攻撃を確認済み