Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性

仮想環境でウェブサイトをレンダリングすることで、実行環境と閲覧環境を分離する「Symantec Web Isolation(WI)」にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が含まれていることがわかった。

同社によれば、「Portal Isolationモード」で利用している場合に、クロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2018-12246」が存在するという。

細工されたURLを開かせることでユーザーのブラウザ上でJavaScriptを実行させることが可能。ただし、レンダリングされたウェブサイトのコピーに対してコードを挿入することはできないとしている。

脆弱性は「同1.11」のみ影響があり、「同1.10」および以前のバージョンは影響を受けない。同社は脆弱性の重要度を「中(Medium)」とレーティング。同社では脆弱性へ対処した「同1.11.21」を提供している。

(Security NEXT - 2018/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数金融機関が採用するネットバンクアプリに脆弱性
Apple、「macOS Catalina 10.15.3」やセキュリティ更新を公開
Apple、「iOS 13.3.1」をリリース - 脆弱性23件を修正
メモリアナライザ「MAT」に深刻な脆弱性
アプリ開発基盤「Spring」に複数脆弱性 - アップデートが公開
「Firefox」脆弱性、国内で悪用を確認 - JPCERT/CCが注意喚起
「IBM Watson IoT MessageGateway Server」に深刻な脆弱性
「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性
Citrix、脆弱性問題で無償の侵害調査ツール公開 - FireEyeと共同開発