Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース

PHPの開発チームは、脆弱性を修正した「PHP 7.2.11」「同7.1.23」をリリースした。同チームやセキュリティ機関では、利用者へアップデートを推奨している。

開発チームでは、複数のバグを修正したアップデートとし、特にセキュリティリリースと位置付けてはいないが、米MS-ISACの「CIS(Center for Internet Security)」では、複数の脆弱性へ対処が行われているとしてアドバイザリを発行した。10月12日の時点で悪用は確認されていないとしている。

今回のアップデートには、攻撃者によってコードの実行が可能となる脆弱性の修正が含まれると指摘。問題の脆弱性が悪用されると、不正プログラムの設置、情報の流出や逸失、不正アカウントの作成、サービス拒否など生じるおそれがあるという。

MS-ISACでは、事業規模に関わらず、公的機関や企業へ与えるリスクを「高」とレーティングしており、利用者に最新版となる「PHP 7.2.11」「同7.1.23」へアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPにヒープバッファーフローなど複数の脆弱性 - アップデートが公開
「Joomla」のファイル添付機能拡張に脆弱性 - コード実行のおそれ
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
PHPのテンプレエンジン「Twig」に情報漏洩の脆弱性
PHPベースのメールクライアント狙う攻撃が1月より発生中
「WordPress 5.1.1」がリリース - XSSの脆弱性など修正
コインマイナー埋込狙う「Drupal」への脆弱性攻撃が発生 - 当初の一部緩和策に誤りも
脆弱性判明後、「Drupal」調査アクセスが増加 - 攻撃対象を探索か
「Drupal」に深刻なRCEの脆弱性 - 早急に脆弱性対応を
「Linux」狙う新種マルウェア「SpeakUp」 - 多くの製品で検知すり抜け