Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性

SEO支援ツールなどを提供する「MIERUCA」が不正アクセスを受け、一部顧客情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

同サービスを運営するFaber Companyによれば、9月28日18時ごろから10月2日23時ごろにかけて、同サービスの一部サーバが不正アクセスを受けたもの。

10月2日17時過ぎにサーバの管理会社から不正アクセスを検知したとの報告を受け、問題が発覚。調査を行ったところ、サーバの一部ソフトウェアを通じて同サービスを利用する1585アカウントの顧客情報が外部へ流出した可能性があることが判明した。

顧客情報には、氏名やメールアドレス、ハッシュ化されたパスワードのほか、会社名、所属、アクセスデータなどが含まれるという。

(Security NEXT - 2018/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マグネシウム製品の通販サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
グルメ情報サイトに不正アクセス - 会員のアカウント情報が流出
パズル通販サイトに不正アクセス - 顧客の問い合わせで判明
不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用も - 刃物通販サイト
ロック系ファッション通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面に誘導
不正アクセスで顧客情報流出の可能性、詳細調査中 - JR九州グループ会社
セガの動画サービスに不正アクセス - アクセスコードなど流出か
「Jコイン」のテスト用システムに不正アクセス、加盟店情報が流出
ECサイトの顧客情報を盗まれ身代金を要求される - 日本経営協会
通販サイトに不正アクセス、詳細を調査中 - JIMOS