Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報提供メール1450件を誤送信、メアドが流出 - 機器販売会社

テクノ・バークシャーは、顧客向けの情報提供メールで誤送信が発生し、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、9月25日18時半前、取引先やセミナーで名刺交換した顧客へ送信した案内メール1450件において、誤送信が発生したもの。

メールを3回にわけて送信したが、送信先を誤って宛先に設定したため、同一グループ内の受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。

同社では、同日中に対象者へメールを送信し、謝罪するとともに誤送信したメールの削除を依頼。今後は同報配信用のソフトウェアを導入するとしている。

(Security NEXT - 2018/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロナ影響で入学式中止、通知メールで送信ミス - 創価大
ふるさと納税者のマイナンバーを無関係自治体へ誤送信 - 輪島市
住民からの問い合わせ、別人に回答メールを送信 - 大阪市
有識者会議の資料送付メールで誤送信 - 内閣官房
ガイダンス中止の通知でメール送信ミス - 専修大
留学生や提携校担当者宛のメールで送信ミス - 国際教養大
記念樹希望者宛メールで誤送信、直後にも再度ミス - 熊本市
新卒採用選考会の案内メールを誤送信 - リンクアンドモチベーショングループ
株主宛メールで送信ミス、メアド流出 - グンゼ
夕刊フジのイベント中止メールの送信ミス - 産経新聞