Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報提供メール1450件を誤送信、メアドが流出 - 機器販売会社

テクノ・バークシャーは、顧客向けの情報提供メールで誤送信が発生し、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、9月25日18時半前、取引先やセミナーで名刺交換した顧客へ送信した案内メール1450件において、誤送信が発生したもの。

メールを3回にわけて送信したが、送信先を誤って宛先に設定したため、同一グループ内の受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。

同社では、同日中に対象者へメールを送信し、謝罪するとともに誤送信したメールの削除を依頼。今後は同報配信用のソフトウェアを導入するとしている。

(Security NEXT - 2018/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

工業技術総合研究所でメールを誤送信 - 新潟県
職員採用の選考結果をファックスで誤送信 - 東京都
自治体担当者の個人情報含むファイルをメールで誤送信 - 総務省
生徒写真公開ページURLと閲覧用PWを誤送信 - 大阪府
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
障害者手帳をファックスで誤送信、操作ミス重なり - 宇治市
確認のためメアドをメール本文に、そのまま誤送信 - 佐賀県
農業従事者向けメールで誤送信 - 富山県
メール送信ミスで講習受講希望者のメアド流出 - 香川大