Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外部委託先を6割弱が「Excel」で管理 - 「紙」は31.9%

外部委託先の管理に6割弱が「Excel」を使用していることがわかった。紙を用いるケースも3割におよぶという。

GRCSが外部委託先管理に関して20代から60代の男女を対象にアンケート調査を実施し、結果を発表したもの。8月15日から16日にかけてインターネット上で実施し、551人が回答した。

あらかじめ用意された選択肢から委託先管理の課題を回答する設問では、28.5%が特に課題は感じていないと回答。

一方、7割は何らかの課題を感じており、「リスクの可視化が困難」を42.6%が選択した。

20180928_gc_001.jpg
委託先管理で感じている課題(グラフ:GRCS)

(Security NEXT - 2018/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
委託先の選定、セキュリティ対策が最優先とする企業は4.6%
約147万のJPドメイン、「SPF」設定は半数弱 - 「DMARC」は約0.5%
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
2016年度のマイナンバー関連事故は165件 - 6件が「重大な事態」
サプライチェーンリスク、8割弱が認識 - 対策状況把握は「直接委託先のみ」が6割
7割以上がパブリッククラウドを信頼、63%が顧客情報を保存