Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で

慶応義塾大学は、AO入試のウェブエントリーシステムに不具合があり、関係ない他出願者の出願関係書類を閲覧できる状態だったことを明らかにした。

同大によれば、総合政策学部および環境情報学部のアドミッションズオフィス(AO)入試において、8月3日8時半から10時半ごろにかけて、関係ない別の出願者に関する出願関係書類を閲覧できる状態となったもの。出願者5人から問い合わせがあり、問題が発覚した。

2019年4月入学I期に出願した出願者最大72人の出願関係書類が、流出した可能性がある。

一方、自分以外の出願関係書類を閲覧した可能性があるのは最大94人としており、そのなかには情報が漏洩した72人中35人が重複しているという。

今回の不具合について同大は、8月2日23時から3日8時半ごろまでサーバがダウンし、復旧後にアクセスが集中したことと、プログラム上の問題が重なったことに起因すると説明。対象となる出願者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2018/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
入試情報サイトで個人情報が閲覧可能に - 京都精華大
入試出願者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 静岡県立大
入試結果など個人情報含む書類を紛失 - 大手前大
入試問題案や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 大阪教育大
教員が個人情報や試験問題をSNSに掲載 - 名古屋大
入試出願登録情報が外部から閲覧可能な状態に - 学習院大
学生の個人情報や入試問題など含むPCを英国で紛失 - 岩手大