Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専

明石工業高等専門学校は、個人情報を含む廃棄書類が学生によって持ち去られ、閲覧されていたことを明らかにした。また教諭による個人情報の誤送信が判明したという。

同校によれば、2016年度の入試成績関係資料の一部や、2013〜2015年度の教務手帳、2015年度の入学者名簿など個人情報を含む資料が流出したもの。

同資料は2015年春ごろ、廃棄用紙の一時保管場所に置かれているのを学生が見つけ、持ち去ったもので、その後、クラブ活動の部室に隣接する部屋のキャビネットに放置されていた。複数の学生が同資料を閲覧したほか、ひとりが撮影していたことが判明したという。

5月24日と31日に外部から入試情報が流出しているとの指摘があり、さらに6月4日には流出場所について情報が寄せられ、調査を実施したところ、これら資料を発見、回収した。同校では、撮影された画像は消去済みであると説明。関係する学生や保護者に対して謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2018/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
就職活動のヒアリング結果を学生に誤送信 - 近畿大九州短大
マスコミ宛てメールで誤送信、メアドが流出 - 東京都公園協会