Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Flash Player」の新版がリリース - 脆弱性1件を修正

Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」の最新版「同31.0.0.108」をリリースした。脆弱性1件を修正している。

同アップデートでは、情報漏洩の脆弱性「CVE-2018-15967」に対処した。同脆弱性の重要度は、3段階中2番目にあたる「重要(Important)」。脆弱性の悪用は確認されていないという。

同社は、「Windows」や「macOS」「Linux」、さらにブラウザ同梱版向けに最新版となる「同31.0.0.108」を提供。

「Linux版」を除き、適用優先度を3段階中2番目にあたる「2」とレーティングし、30日以内を目安にアップデートを実施するよう呼びかけている。「Linux版」については、1段階低い「3」としており、任意のタイミングでアップデートするよう求めている。

20180911_as_001.jpg
影響を受ける製品(表:Adobe Systems)

(Security NEXT - 2018/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Android向けMastodonアプリに中間者攻撃のおそれ - アップデートが公開
オープングラフ対応を支援するWordPressプラグインに脆弱性
三菱電機の制御機器向けネットワークインタフェースにDoS脆弱性
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース