Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IoTボット、感染対象を「Apache Struts 2」やセキュリティ製品にも拡大

ボットプログラム「Mirai」「Gafgyt」のあらたな亜種が確認された。ルータや監視カメラなどのIoT機器にくわえ、「Apache Struts 2」やセキュリティ製品における既知の脆弱性を標的にしていた。

Palo Alto Networksが報告したもので、同社によれば、9月7日に16種類の脆弱性を標的とするあらたな「Mirai」の亜種を確認した。

同社が同マルウェアを解析したところ、ルータやデジタルビデオレコーダ、監視カメラにくわえ、2017年に見つかった「Apache Struts 2」の脆弱性「CVE-2017-5638」を標的としていたことが判明。

同社は把握している限り、「Apache Struts 2」の脆弱性を標的とした「Mirai」の亜種は、今回がはじめてだという。

また同社は、8月5日に「Mirai」のコマンド&コントロールサーバや、ペイロードの配布に利用されたドメインにおいて、Linuxへ感染を広げるボットプログラム「Gafgyt」のあらたな亜種を発見した。

同マルウェアは、HuaweiやD-Link製のルータにおける脆弱性にくわえ、「SonicWall Global Management System(GMS)」の旧バージョンに含まれる脆弱性「CVE-2018-9866」を悪用していたという。

影響を受けるのは、サポートが終了している「同8.1」および以前のバージョンとなるが、7月17日にアドバイザリが公表されたばかりの脆弱性で、Metasploitのモジュールが公開されてから数日後にはマルウェアへ実装されていた。

同社は両マルウェアの登場について、IoT機器を狙うボットが従来のコンシューマー向けデバイスから、企業向けのデバイスにシフトしている可能性があると分析。

パソコンやサーバといったシステムにくわえ、IoT機器も確実にアップデートを実施し、最新のバージョンに保つ必要があると指摘している。

(Security NEXT - 2018/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ボットネット「Cutwail」、日本狙うメール攻撃に新展開 - 画像に命令埋め込む「ステガノグラフィ」を悪用
「Dropbox」のAPI経由で命令受ける「Dropapibot」 - 国内を標的に展開
Android端末を狙うクラウド型マルウェアサービス「MaaS」 - アクセシビリティ機能を悪用
日本語メールで不正「iqyファイル」が大量流通 - 国内IPでのみ感染活動を展開
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
JETRO、海外展開支援事業で49社を採択 - セキュリティ分野から2社
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
複数「WebLogic Server」脆弱性、早くも悪用や実証コード