Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CompTIA、セキュリティエンジニアを目指す学生の支援を強化

CompTIAは、企業と連携し、セキュリティエンジニアを目指す学生の支援を強化すると発表した。

セキュリティ人材不足の解消に向けて、CompTIAの日本支局と日本マイクロソフト、アクセンチュア、シマンテック、Planetwayの4社で連携し、教育機関への支援を実施するもの。

具体的には、CompTIAが教育機関や非営利のトレーニング機関向けに無償で展開する「CAPP Academy Program」へ登録する約150校の大学、専門学校のうち、希望校へセキュリティスキルの育成について支援。2018年度は、学生500人を支援するとしている。

また、セキュリティ人材の輩出を目的とした高等専門学校向けの「情報セキュリティ人材育成事業(K-SEC)」プロジェクトに対しても、支援を行うとしている。

(Security NEXT - 2018/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ人材のスキル可視化施策についてレポート - JNSA
3年かけてセキュ人材育成、未経験からスタート - KDDIら
若年層支援プログラム「すごうで2020」が応募開始
ユーザー企業向けにセキュリティ組織体制をモデル化した資料
「7pay」問題で役員報酬を自主返納、再発防止策も - セブン&アイHD
セキュ分野のキャリアパスグランドデザインで資料 - JNSA
専門学生向けにコンテスト開催、課題は「WAF」導入 - MBSD
「情報処理安全確保支援士」の新規登録1200人 - 1万9417人に
7割がセキュリティ予算不足 - 最新技術の導入足かせに
研修案内メールの誤送信で介護施設のメアド流出 - 大阪府