Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アマチュア囲碁大会、案内メール500件を誤送信 - 日本棋院

日本棋院は、宝酒造との共催によるアマチュア囲碁大会の参加者へ送信したメールにおいて誤送信が発生し、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同法人によれば、8月27日にアマチュア囲碁大会「宝酒造杯 囲碁クラス別チャンピオン戦」の東京大会の参加者へ送信した参加確認メールにおいて、誤送信が発生したもの。送信先を誤って宛先に設定したため、参加者のメールアドレス500件が受信者間で閲覧できる状態となった。

同日、メールを受信した参加者からの指摘で誤送信が判明した。同法人では対象となる参加者に対し、謝罪するメールを送信。あわせて、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2018/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「約ネバ」とタイアップイベント、3月に都内で開催 - NISC
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を
ウェブで「IPAフォントが見つからない」と偽警告 - マルウェア感染狙う手口
ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導
改元によるシステム改修で全国説明会を開催 - 経産省
育成プログラム「SecHack365」の成果発表会を都内で開催 - NICT
「ColdFusion」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
メール誤送信でサービス利用者のメアド流出 - 学習塾