Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アマチュア囲碁大会、案内メール500件を誤送信 - 日本棋院

日本棋院は、宝酒造との共催によるアマチュア囲碁大会の参加者へ送信したメールにおいて誤送信が発生し、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同法人によれば、8月27日にアマチュア囲碁大会「宝酒造杯 囲碁クラス別チャンピオン戦」の東京大会の参加者へ送信した参加確認メールにおいて、誤送信が発生したもの。送信先を誤って宛先に設定したため、参加者のメールアドレス500件が受信者間で閲覧できる状態となった。

同日、メールを受信した参加者からの指摘で誤送信が判明した。同法人では対象となる参加者に対し、謝罪するメールを送信。あわせて、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2018/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で職員採用試験申込者のメアド流出 - 長野県
深刻な脆弱性に対処した「Ghostscript 9.24」が前倒しで公開 - アップデートを強く推奨
前版より約10日、「Ghostscript」が再修正 - アップデートを強く推奨
11月に都内で「AVTOKYO2018」開催 - まもなくCFPが締切
一部ルータに管理者以外がプロクシを設定できる問題 - 盗聴や改ざんのおそれ
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
欧州委員会、日本の十分性認定を閣議決定 - 手続きを準備
ラジオNIKKEI、関係者が番組で投票数を操作 - アクセス集中による障害で発覚
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト