Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公害健康被害の不服審査に関する資料が盗難 - 環境省

環境省は、公害健康被害補償不服審査会の専門委員が盗難に遭い、個人情報含む資料が盗まれたことを明らかにした。

同省によれば、同審査会の専門委員が8月15日の夕方、電車内で資料を入れていた鞄ごと盗まれたという。被害に遭った資料には、不服審査の請求者に関する氏名や住所、生年月、病歴などの個人情報が記載されていた。

同省では、警察へ被害を届けるとともに、資料の探索を続けている。また資料に記載された情報が不正に利用されたとの報告は受けていないという。

(Security NEXT - 2018/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
寄付者の個人情報含むPCを一時紛失 - 生活困窮者支援のNPO法人
非常勤講師が持ち帰った答案用紙を紛失 - 金沢星稜大
8100人分の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 海城中高
PCを電車内で紛失、顧客情報含む可能性 - 医療系人材派遣会社
市立病院で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
取引先関係者の個人情報含むスマホを紛失 - 日本金属
個人情報が保存されたノートPCが所在不明 - NICT
学生の個人情報含む書類やPCを紛失 - ニトリ
顧客情報含むPCを電車に置き忘れ紛失 - ヤマハ