Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公害健康被害の不服審査に関する資料が盗難 - 環境省

環境省は、公害健康被害補償不服審査会の専門委員が盗難に遭い、個人情報含む資料が盗まれたことを明らかにした。

同省によれば、同審査会の専門委員が8月15日の夕方、電車内で資料を入れていた鞄ごと盗まれたという。被害に遭った資料には、不服審査の請求者に関する氏名や住所、生年月、病歴などの個人情報が記載されていた。

同省では、警察へ被害を届けるとともに、資料の探索を続けている。また資料に記載された情報が不正に利用されたとの報告は受けていないという。

(Security NEXT - 2018/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務用の携帯電話を移動中に紛失 - 在宅医療コンサル会社
指導手帳を一時紛失、電車内に置き忘れ - 神戸市中学校
山手線車内で生徒情報など鞄ごと紛失、盗難か - 筑波大付属高
自立支援センター入退所者の個人情報を紛失 - 大阪市
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
教員が学生の個人情報を電車内で紛失 - 常葉大
患者の顔画像含むタブレット端末を紛失 - 国立精神・神経医療研究センター
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪南大
顧客情報含むUSBメモリを電車内に置き忘れ - 銀座十字屋
クライアントである歯科や患者情報含むHDDを紛失 - 船井総研