Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに

ファイルを人質に金銭を要求するランサムウェア「SamSam」が得た身代金が、約590万米ドルに及ぶことがわかった。複数の手法を組み合わせて感染を拡大するため、特定の脆弱性を解消するだけでは被害が防げないとしてセキュリティベンダーが警鐘を鳴らしている。

特定の組織を狙って侵入し、執拗に感染活動を展開する「SamSam」の活動実態について、英Sophosが調査を実施し、結果を取りまとめたもの。調査で得られた脅威情報については、「Cyber Threat Alliance(CTA)」を通じて、参加するセキュリティベンダー間で共有されている。

同ランサムウェアは、メールなどを利用して広範に展開し、無差別に金銭を要求するランサムウェアと異なり、スキルがある攻撃者が標的を絞って感染活動を展開。成功率を高めるために攻撃ごとにカスタマイズされており、身代金の要求額も数万ドル単位に及ぶ。攻撃を受けた組織の74%は米国に拠点を置いていたが、カナダやイギリス、中東などにも攻撃が展開されている。

同社が仮想通貨の動きを分析、追跡している「Neutrino」と協力して、資金の流れを追跡したところ、2015年後半以降、590万米ドルの被害が発生しており、公表されていないものの、民間企業も多くが被害にあっていることがわかったという。

20180822_so_001.jpg
「SamSam」における身代金の送金動向(グラフ:Sophos)

(Security NEXT - 2018/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」