Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応

検知した脅威をリアルタイムに地図上で表示できるKaspersky Labの「Kaspersky Cyberthreat Real-Time Map」が日本語へ対応した。

同サイトは、同社製品において検知、ブロックした脅威を、地図上へグラフィカルに表示できるサービス。2014年4月より公開している。

スキャン結果をはじめ、ウェブやメールにおけるマルウェアの検知、侵入検知、脆弱性、スパム、ボットネットの活動などを色分けして表示。統計データなども閲覧することが可能。

3Dおよび2Dによる切り替え、地域の拡大表示を行うことが可能。今回、対応言語を追加しており、日本語を含む10か国語で利用できる。

20180730_kl_001.jpg
Kaspersky Cyberthreat Real-Time Map

(Security NEXT - 2018/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
NECとFFRI、海外製品由来の問題に影響受けない製品を共同開発
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
無線化が進む製造現場向けのセキュリティ導入ガイド - NICT
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通貨取引所やFX事業者が初参加