Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応

検知した脅威をリアルタイムに地図上で表示できるKaspersky Labの「Kaspersky Cyberthreat Real-Time Map」が日本語へ対応した。

同サイトは、同社製品において検知、ブロックした脅威を、地図上へグラフィカルに表示できるサービス。2014年4月より公開している。

スキャン結果をはじめ、ウェブやメールにおけるマルウェアの検知、侵入検知、脆弱性、スパム、ボットネットの活動などを色分けして表示。統計データなども閲覧することが可能。

3Dおよび2Dによる切り替え、地域の拡大表示を行うことが可能。今回、対応言語を追加しており、日本語を含む10か国語で利用できる。

20180730_kl_001.jpg
Kaspersky Cyberthreat Real-Time Map

(Security NEXT - 2018/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内特権ID管理製品市場、前年度比10%増
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
「M3AAWG」の国内リージョン「JPAAWG」が発足 - メールやメッセージングのセキュリティを検討
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
トレンドとMoxa、産業用IoTのセキュリティソリューションで協業
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
ビルシステムのセキュリティ対策ガイドラインベータ版を公開 - 経産省