Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応

検知した脅威をリアルタイムに地図上で表示できるKaspersky Labの「Kaspersky Cyberthreat Real-Time Map」が日本語へ対応した。

同サイトは、同社製品において検知、ブロックした脅威を、地図上へグラフィカルに表示できるサービス。2014年4月より公開している。

スキャン結果をはじめ、ウェブやメールにおけるマルウェアの検知、侵入検知、脆弱性、スパム、ボットネットの活動などを色分けして表示。統計データなども閲覧することが可能。

3Dおよび2Dによる切り替え、地域の拡大表示を行うことが可能。今回、対応言語を追加しており、日本語を含む10か国語で利用できる。

20180730_kl_001.jpg
Kaspersky Cyberthreat Real-Time Map

(Security NEXT - 2018/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
WatchGuard、Panda Securityの買収を完了
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
NICT、サイバー防御演習の教材を期間限定で無償提供