Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性

海外の排卵検査薬や妊娠検査薬を取り扱う通信販売サイト「こうのとり検査薬.NET」が不正アクセスを受け、顧客情報が流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営する一康商事によれば、ウェブサーバに対してウェブアプリケーションの脆弱性を突く攻撃があり、2017年8月7日から2018年1月18日にかけて、新規でクレジットカード決済を利用した顧客の情報が流出した可能性があるという。

同社は、クレジットカードなどの情報が抜き取られたと説明。クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードなど最大1万1314件の顧客情報が含まれるとしている。

1月17日にクレジットカード会社から決済代行会社を通じて指摘があり問題が発覚。5月下旬にウェブサイト上で告知するとともに、顧客にメールで案内を行っている。

今回の不正アクセスに関し、クレジットカード以外の個人情報に対する影響や、くわしい原因など取材を求めたが、同社より回答は得られなかった。

(Security NEXT - 2018/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
アサヒ軽金属のネットショップに不正アクセス - 最大7.7万件のクレカ情報が流出か
不正プログラムが設置、カード情報が外部流出 - 衣料品通販サイト
職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大
マニュアル作成サービスへの不正アクセスを否定 - 操作ミスが原因
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及